2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2018年7月22日 (日)

子ども服を届けに行ってきました

【西日本豪雨災害で被災した子どもたちに夏服を送ろう!】
7/20締切ました!7/21協力寺院へお届け済み

フェイブックにて呼びかけたところ、本当にたくさんの方にご協力いただきました。ありがとうございました!

いやもう暑い中、山寺まで届けに来て下さるだけでありがたい。。。

結果、100サイズのダンボールが20箱になりました💦




あまりにもたくさんの子ども服!
逆にお願いしているお寺さんにご迷惑かしらと思い、被災地で様々な支援をされている団体などに問い合わせもしました。が、どこも現在は子ども服は足りているとのお返事でした😱

でもご安心ください!
まだまだ物資の行き渡りにはムラがあるからとおっしゃて、矢掛町の瑞雲寺さんが私たちの子ども服は全て引き取って下さいました。


瑞雲寺の住職、副住職と。

引き続き必要な方へ届くようにと色々な方にお声かけして下さいます。
境内にあるお堂に今回の子ども服を置いて下さっています。

・子ども服(中古) 新生児から160cmまで
・子ども用下着、靴下など(新品)
・スタイ、帽子(新品か比較的きれいなもの)
・靴(中古)13cm〜26cmくらいまで
・サンダル(新品)低学年くらいのサイズ、いくつかありました

本当に必要な方に届いて欲しいですね。

また送料代としてカンパをして下さった方々。本当にありがとうございました!
カンパのお金はレンタカー代、ガソリン代、高速代として使わせていただきました。余ったお金は少しの間様子を見て運送費用、送料代がこれ以上必要ないと判断した場合は被災地への支援金として役立てたいと思います。

そして、仕分け作業を手伝って下さった皆さま、暑い中 ありがとうございました!助かりました♡



仕分け作業中の風景


子どもたちもお手伝いをしてくれました!ご褒美のお菓子タイム♡


7/21ハイエースにて出発


矢掛町到着


瑞雲寺さんの山門

曹洞宗龍王山瑞雲寺
http://www.sotozen-navi.com/spn/detail/index.cfm?cl_id=330031

FBはこちらhttp://https://www.facebook.com/%E6%9B%B9%E6%B4%9E%E5%AE%97-%E9%BE%8D%E7%8E%8B%E5%B1%B1-%E7%91%9E%E9%9B%B2%E5%AF%BA-2063506690545857/

2018年7月18日 (水)

西日本豪雨災害の被災地へ①


こんちには、長楽寺の桐山です。
この度の西日本豪雨災害で被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

7月16日、副住職と2人で支援物資を持って岡山へ行ってきました。午前中は矢掛町の金龍寺さんへ。
山の急斜面に建つ墓地に土砂が流れ込んでしまい、その土砂の撤去作業を手伝いました。



手作業で土砂を土嚢袋に入れ、その土嚢袋を担いで急斜面が続く更に上の山道へ持って上がり並べる作業です。次の雨天時の二時災害防止のため。
とにかく暑くて、私はもう実質30分ほどで熱中症の症状が出てきてギブアップ(情けないです)
私達以外にもお寺関係の方(70代の方がほとんど)とボランティアさんが15名ほどこられていました。さほど広いスペースでもないのですが、とにかくどっさり土砂が流れこんでいるので、なかなか大変!皆様汗だくで作業されていました。とにかくね、暑いんです!かなり小まめに休憩しなくちゃ必ず熱中症になる人が出ますね。もうこれは自殺行為の気がしました。そのくらい暑い。私は何度か熱中症になったことがありますが、もう頭が割れるように痛くて吐き気もしてきて立っていられない状態になります。極度の脱水症状でこのようなことになるとか。本当に気をつけないと、この夏場の復興作業は危険だなと思いました。
こんな記事もありました。
https://www.cnn.co.jp/world/35122552.html


金龍寺さんの墓地から町を見下ろした風景。
穏やかな小田川が見えますが、この付近も相当被害を受けたようです。



2018年6月15日 (金)

人は死んだらどこへ行くのか





6/14.15。学びのために本山へ

私が仏教と出会ったのは、15年前の京都。
長楽寺の本山である禅林寺でした。

お寺に生まれたからといって仏教のことを知っているわけじゃありません。皆、たくさん学んで実践して、僧侶になっていきます。

私は15年前に得度し、禅林寺で三年間、夏休みに仲間と寝食を共にしながら仏教のさまざまな基本を学びました。

それまで、私にとって仏教は毎日の変わらない風景でしかなかったのです。だけど、学ぶことでその風景がガラリと変わりました。当たり前のことが当たり前ではない。そして私へと繋がるたくさんの命が私を形作っている!
たしかにそんな衝撃を受けたはずなのに。

日常の中で仏教はまた、毎日の風景になってしまっていました。
私は昨年、経営の側面から自坊をよくしていきたいと一年かけてお寺の経営について学びました。講師の方々も他宗派の方と学ぶこともとても刺激的で非常に学びが多かった!そしてその学びのおかげでやっぱりお寺の役割は「仏の教えを伝えること」そこが一番の芯になる部分なんだと思いました。

当然の様に思うけれど、相手の心にしっかりと仏様の教えを伝えることってなかなか難しい。

私は仏様の教えをしっかりと伝えられる人になりたい。
信仰を持つことは心を育てるために非常に役立つと私は思っています。


「人は死んだらどこに行くの?」
こんな子どもの問いに あなたなら何と答えますか?





2017年6月10日 (土)

山寺へようこそ!

昨日は地元の小学生が町探検で長楽寺に来てくれました!
暑い中ありがとう。
住職のお話しは少し難しかったかな?
またお休みの日に家族でお参りに来てくれるとうれしいな。



トライアルウィークで一緒に来ていた中学生に「長楽寺来たことある?」って聞いたら
「はい!どんぐりの木を植えに来ました」って。
そう、長楽寺の山号にもなってる大藤山は6年前の9月、大雨で崩落しました。
二度の大きな土砂崩れがあったことがはっきりとわかるようなYの字にえぐれた山。
5年前に災害に強い森を作ろうという活動から、国や県が主体となって植樹祭を行いました。地元小学校の全校生(120人ほど)で長楽寺や大藤山のどんぐりを拾い、発芽させ、大事に苗を育ててくれました。
そして翌年、災害に遭った大藤山にその苗を植樹してくれたんですよね。
その木々ももちろん子どもたちも今はぐんぐん大きくなって、中にはわたしの背丈より高くなってる!





ちなみに紅葉や桜も植えました。
写真は紅葉。

来年、植樹した時1年生だった子どもたちが6年生!
何かできないかなと思ってます。


2017年3月17日 (金)

春を感じる瞬間

今年もいよいよ春が来たなと
夕暮れ時の家の前で感じました。

河津桜が咲いているから?
日の暮れが遅くなったから?

それもそうだけど、
私が1番に春を感じるのは

桜の花が咲く前の
なんとも言えない甘くて青っぽい香り。

あぁ春が来たなぁと思うのです。

まだほんの蕾の頃からやわらかな桜の香りがするのだけど、ある日突然、その香りが強烈になるのです。

今日は日中ほんとに過ごしやすい陽気で
蕾が一気に膨らんだせいかな。

写真は夕暮れ時の桜の蕾



4/9(日)
長楽寺境内にて桜色フリーマーケット開催!
是非遊びにいらして下さい。

2016年10月17日 (月)

住職DIY通信

長楽寺の桐山文江です。
日曜日、月に一回の写経会にて久しぶりに略衣に袈裟で住職に代わり読経。
もっと仏さんに近づいて向き合わなくちゃとの思いが再び。

さてさて
今回から住職DIY通信として
住職のDIYエンジョイライフを不定期でお届けします(笑)

またまた住職、何か企てております。





まずは設計
その後材料を発注
そしていよいよ作業!

何ができるのかなぁ。


半日で棟上げ終了!




裁断、溶接もお手の物。
チーム長楽寺すごすぎ!




今回は車庫を建てちゃうらしい。

この調子だと本堂まで建てちゃうかも⁈

いやでも仮設的なものなら本気でやる気。





2016年10月 3日 (月)

長楽寺通信

災害に負けないお寺長楽寺の桐山文江です。

住職は相変わらず暇があれば、ユンボを駆使しあっちこっち作業しています。
境内の水の流れは住職が一番よく知っています。
だって自分で工事してるから。
一月前はこんなことしてました。



安心してください。
無事に工事終わってます!

日曜大工の腕前はもともと大したものでしたが、災害後更に磨きがかかり、

こんなものや





こんなものまで全部作ってます。





もはやなんでもできる大工さんです。

諦めたものもあります。





そうお地蔵様を彫ろうとしたんですが、体調を崩し断念。

こちらはプロにお任せしました(ほっ)

因みにこのお地蔵様は私の叔母で日本画家の里見教が描いてくれたものです。





優しいお顔がなんとも癒されます。

このお地蔵様は長楽寺下の水汲み場にいらっしゃいます。


2016年5月30日 (月)

鶴林寺 vientさんのチャリティコンサート



昨日、5/29、鶴林寺で開催されたvientさんのコンサートに行ってきました。
あいにくの雨でしたが本堂でのコンサートでしたので、雨音が耳に心地よく、雰囲気があってよかったと思います。
司会は谷ゴローさんがされてました。最初に鶴林寺三住職による読経。その後、1時間半ほどの演奏がありました。
途中、うちのベビちゃんが泣いて、申し訳ないsweat01と必死で泣き止まそうとしたのですが、奏者の吉岡さんが、赤ちゃんの声は良いね〜泣いてても良いんだよ一緒にコラボしよう!と言ってくださって、安心するやら恥ずかしいやら。
おかげで出て行かずに最後まで演奏が聞けました。
ピアニカでのラ・クンパルシータや中島みゆきの「糸」。よかったです。
熊本の災害のことも話されてました。
すぐに立ち上がり歩き出せる人もいれば
立ち上がれないほどダメージを受けてる人もいる。
そんな人はすぐに立ち上がらなくて良いんだよ。ゆっくり時間をかけて立ち上がれば良いんだよ。とおっしゃっていたのが印象的でした。
吉岡さんの語り口が日本昔ばなしの常田富士男?さんみたいでなんだか聞いてるだけでほっこりしました、、。

お二人とも災害に遭われて大変な時でしょう。

私も災害に遭って、最初はどうなるんだろうと不安と焦りとでジタバタしてました。とにかく生きてることに感謝しつつ、ただひたすら泥出し、必要なものの救出作業と肉体労働が続きました。とにかく必死ですから。なんとか動けました。泣いたり笑ったりそりゃ大変でした!
でもほんとにたくさんの人の助けがあったからやってこれた、ほんとにそう思います。
災害に遭うと人の優しさがほんとに心に沁みます。うれしくて叫びたいくらい!
逆に心ない言葉がいつも以上にチクチクと刺さっていつまでも痛い。知らないうちに涙が出るくらい悔しい!

災害は家や物だけじゃない、人や、時間や色んなものを奪っていきます。
でも生きてさえいればなんとかなる!

だって現に長楽寺は前より綺麗になってる!
もちろんお金は必要です。
でもその前に気持ちが大切。
やるぞーって気持ちが。
よいしょーってやるしかない!

気持ちが沈んでどうしようもない時はただただ休むしかない。
そしたらまた前を向ける日がくる。
私もそう思います。

あれ?
コンサートの話からなんだかそれちゃったけど、被災された方のこと思うとついつい、、。

たとえマイナスからのスタートでも、必ずいつか前よりも一歩でも二歩でも進める時は来る。










2014年1月20日 (月)

初雪の長楽寺

寒い日が続きます。
最近ニュースで見ましたが、一年を通して一番寒い時期は1月下旬から2月初旬だそうです。
まだまだこれからですね。

日曜日は長楽寺に初雪が降りました。
その日の朝の長楽寺の写真をファイスブック(FB)で公開中です。

https://www.facebook.com/taninochorakuji?ref=hl

FBもよろしくお願いします!

2012年2月22日 (水)

フェイスブックページアップしました

お待たせしました!!(誰も待ってなくても言わせてください)
長楽寺FBページアップしました!
FBとはなんじゃ?と思われてる方これはフェイスブックのことです。
今のところ植樹に関するお願いと災害の写真をアップしてます。

アドレスはこちら。
https://www.facebook.com/taninochorakuji

より以前の記事一覧