2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« なんで「赤ちゃん婚活」なの? | トップページ | 西日本豪雨災害の被災地へ① »

2018年6月15日 (金)

人は死んだらどこへ行くのか





6/14.15。学びのために本山へ

私が仏教と出会ったのは、15年前の京都。
長楽寺の本山である禅林寺でした。

お寺に生まれたからといって仏教のことを知っているわけじゃありません。皆、たくさん学んで実践して、僧侶になっていきます。

私は15年前に得度し、禅林寺で三年間、夏休みに仲間と寝食を共にしながら仏教のさまざまな基本を学びました。

それまで、私にとって仏教は毎日の変わらない風景でしかなかったのです。だけど、学ぶことでその風景がガラリと変わりました。当たり前のことが当たり前ではない。そして私へと繋がるたくさんの命が私を形作っている!
たしかにそんな衝撃を受けたはずなのに。

日常の中で仏教はまた、毎日の風景になってしまっていました。
私は昨年、経営の側面から自坊をよくしていきたいと一年かけてお寺の経営について学びました。講師の方々も他宗派の方と学ぶこともとても刺激的で非常に学びが多かった!そしてその学びのおかげでやっぱりお寺の役割は「仏の教えを伝えること」そこが一番の芯になる部分なんだと思いました。

当然の様に思うけれど、相手の心にしっかりと仏様の教えを伝えることってなかなか難しい。

私は仏様の教えをしっかりと伝えられる人になりたい。
信仰を持つことは心を育てるために非常に役立つと私は思っています。


「人は死んだらどこに行くの?」
こんな子どもの問いに あなたなら何と答えますか?





« なんで「赤ちゃん婚活」なの? | トップページ | 西日本豪雨災害の被災地へ① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なんで「赤ちゃん婚活」なの? | トップページ | 西日本豪雨災害の被災地へ① »