« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月20日 (日)

今年最後の写経会

今日は今年最後の写経会でした。
お菓子はめずらしく洋菓子で
「ともなが」のエッグタルト

住職は他寺院にて説教師としてお招きいただいておりましたので不在。
というわけで、写経の後は私があるエッセイを読みました。

それがこれ。






「水の如く」

私の祖父の本です。

あ、となりはエッグタルト。

私は4人姉妹ですが、姉妹のことその頃飼っていた犬のことなど、随所に昔の私達家族が登場して懐かしいのです。

祖父は長く教師をしていて、夏休み、私の大学受験時には毎日、古文、漢文を教えてくれました。

とにかく博識でとっても短気(笑)

今でもおじいちゃんのファンは結構いるらしい。

そんな祖父の本から「身体ばなし」というエッセイを読ませていただきました。

身体の色んな部位を家族に例えたり、象形文字から本来の役割を考えたり。
今でもまったく古臭さを感じさせない内容です。

もう一つは絵本。
長谷川義史さんの「おへそのあな」







三姉妹の上の2人には妊娠中には特によく読みました。

おへそから赤ちゃんが見てるよー!って。

その後は副住職がダイエット話しをするという。

なんでもアリな写経会です(笑)

さて、そんな長楽寺、来週はいよいよお十夜です。

2016年11月17日 (木)

志方TV

志方観光大使(仮)の高山麻希さんが志方愛を存分に発揮してくれるであろう、志方TV!
いよいよ11/16からBANBANの「にじいろたまご」内でスタートでーす!
なんとそのトップバッターに長楽寺が登場します。
麻希さんありがとう♡

取材当日はなんだか長楽寺にご縁のあるメンバーでお越し頂きすごく嬉しかったー。
私も志方TV応援します!
よかったら観て下さい、住職、出てます!

そして志方に、そして長楽寺にお越しください。

志方LOVE♡


2016年11月13日 (日)

「Buddhist」観てきました

昨日午前中は加古川出身の映画監督、後藤サヤカさんの「Buddhist」という映画を観に行きました。

曹洞宗と浄土真宗の僧侶の何人かを国内外で取材し、まとめられた映画。
ご存知の方はすぐにわかると思いますが、この二派は大きな違いがあります。
自ら修行し悟りをひらく自力の曹洞宗。
もうすでに私たちは仏様によって救われているのだからただ南無阿弥陀仏を唱えるだけでよいとする他力本願の浄土真宗。
浄土真宗では一切の修行は必要ないとされています。

ただ、違いはあれどやはり釈尊の教えがあらゆる仏教の源であることに変わりはなく、
おそらく多くの人が共感し体感したいのは釈尊の教え、つまり仏教のエッセンスなんだろうな。

映画で浄土真宗の僧侶の方々が話されていたように、釈尊の出家が当時のカースト制という「社会の仕組み」に反発する気持ちからであるならば、
私達が今考えるべき「社会の仕組みを変える」ヒントはやっぱり仏教にある!
そんなことを考えました。

仏教に関わる人にも、全く関わりのなかった人にもそれぞれ色んな捉え方ができる、
観るものにある程度考え方を委ねてくれる映画。

監督自身もおっしゃっていたように観る度に、心に留まる箇所は違うと思います。

出演されてた僧侶、皆さん気になる人ばかりですが、
特に藤田一照さんが気になりすぎるー。
座禅会、行きたいなぁ。

あ、監督と写真撮ればよかった(^_^;)



2016年11月 5日 (土)

「Buddhist 今を生きようとする人たち」 上映会のご案内

2016年11月12日(土)「かこむ」にて
加古川出身の映画監督 後藤サヤカさんの
「Buddhist 今を生きようとする人たち」上映会があります。
初めての地元開催です。
神吉のご出身(長楽寺からもめちゃくちゃ近い!)で、
現在は東京を拠点に活動されています。

加古川出身なだけでもとにかく応援したいのに、
題材が仏教!私と同じ女性!そして私と違って若い!凛として美しい!

応援したい要素満載のサヤカさん。

当日は2回、午前と午後と上映会があり、どちらも監督自らお話をされる時間があります。

私は午前中の会に参加します。めちゃくちゃ楽しみ♡


皆さまも是非足を運ばれてはいかがでしょうか。


Facebookページ

加古川経済新聞のサイト




« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

フォト

長楽寺関連リンク