« 「手のひら地蔵」のこと | トップページ | 除夜の鐘 »

2012年12月21日 (金)

「手のひら地蔵」のことpart2

今日は「手のひら地蔵」の続きです。

このお地蔵様は300年以上続いた長楽寺本堂の柱でできています。
その本堂は今はもうありません。
2011年9月4日の台風12号による土砂災害で流されてしまったからです。

実は私はその本堂の歴史を実感した経験があります。
今日はそのことをお話します。

2011年11月、
土砂により押し流された本堂は大きく傾き、境内の南東へ移動していました。
すでに本堂は取り壊しが決定していました。
取り壊されるまでの間になんとか中の仏様や仏具を救出したいと私は本堂の屋根から柱を伝って中の探索を始めました。
ほとんどのものはすでに土砂に飲み込まれ折れたり壊れたりしています。
住職はもちろん、お寺の若い僧侶の方々、工房のんきの方々などにも助けていただいて、とにかく色々なものを取り出しました。

その中で、どうしても柱をチェーンソウで切らないといけない場面がありました。それは非常につらいことでしたが、どうしようもなかった。そしてその柱を切り始めると、なんとも言えない良い香りがしたのです。それは長い長い間、本堂の線香の香りやここに集まる皆の思いを蓄え、沁みこませた柱の香りでした。
このときはさすがに長楽寺の歴史を感じ、思わず涙が出ました。切らなければならない今の現状も悲しかった。
その後本堂は解体され、境内はさら地となりました。
取り壊された本堂の瓦礫はもちろんごみとして処分されます。つまり柱も同じく処分されようとしていたのです。それをなんとか利用できないかと拾い集めたのがこのお地蔵様の材料になっているわけです。

本堂解体の記事はこちら
http://chorakuji.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-55ff.html

さてこのお地蔵様はワタクシ手作りの小さな巾着が付いてきます。この巾着、実は、私が好きな型紙屋さんの「Patternshop snowwing」さんのフリーパターン「お薬きんちゃく」をちょうどよい大きさにアレンジして作っています。私は子供のちいさな髪飾りや、アメを入れたりしてバッグの中にいつもこの小さな巾着を入れています。それ以外にも使えるフリーパターン満載。もちろん販売されている型紙もかわいくてすごく作りやすいものばかりで私は大好きです。月1回程度期間限定でオープンされてるショップなんですが、またよかったらのぞいてみて下さい。
もちろんこれを参考にご自身でかわいいお地蔵様の巾着を手作りするのもアリです!!

お地蔵様は1体1000円(巾着付き)です。
送料は個数によって違いますが別途かかります。

ご注文はこちらまで。
件名は「手のひら地蔵希望」で、
・住所・氏名とご希望の個数を書いてメールを下さい。
折り返し送料や入金先などをお伝えするメールを送らせていただきます。

今回は限定20個です。

もちろん直接お寺に来て頂いてもOKです。

よろしくおねがいします!!^^

« 「手のひら地蔵」のこと | トップページ | 除夜の鐘 »

復興関連」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^手のひら地蔵をぜひ譲っていただきたいのですが、メールを送ろうとしてもできないのでコメント欄から問い合わせています。まだ大丈夫でしょうか。よろしくお願いします^^

natu様
お返事が遅くなって本当に申し訳ございません。
メールサーバーの移行などでしばらくメールがうまく届かない期間があったようです。申し訳ございません。ブログも最近なかなか手入れができずじまい。重ね重ね申し訳ございません。お問い合わせの件ですが、てのひら地蔵、まだ在庫がございます。もしよろしければ、再度chorakuji@sanga.toまでご連絡下さいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「手のひら地蔵」のこと | トップページ | 除夜の鐘 »

フォト

長楽寺関連リンク