« | トップページ | 更地になりました »

2011年11月22日 (火)

お別れ

昨日、2011年11月21日(月)
ついに本堂が取り壊されました。
まさかこんな形で別れの時がくるなんて今でも信じられません。

取り壊しの日、私は子ども達を保育園へ送ってからすぐに山寺へ駆けつけました。
すでに本堂の一部が取り壊され、ビニールシートに泥まみれの書籍や仏具などが並んでいました。
慌てて私も参戦しました。
しばらくは少しだけ壊した屋根の下で少し探しては掘り進み、また探しては掘り進みしていたのですが、やはり瓦が落ちて来たり崩れてきたら大変だということで、結局屋根を全て取り払うことに。

その作業を見ていることは、驚くほど辛かった。

重機のエンジン音に混じって柱の割れるバキバキメリメリという爆音、
そこに瓦が流れ落ちて割れるなんともいえない音。

山寺に響き渡るその音と光景はきっと一生忘れないと思います。

まさかこんなに泣けてくるなんて 自分でも思いませんでしたが、流れる涙を流すだけ流したら、スッキリしました。

そこからは皆、土の中から少しでも何かを救い出そうと必死で作業しました。
解体をしてくださった業者さんもさぞや大変なことだったと思います。

この光景を娘達にも見せたくて、お迎えのあとすぐに一緒に現場へ戻りました。

「本堂、なくなっちゃったよ」と解体中の作業現場を指し私がそういうと、
次女は「ほんまや、ほんどうがないわ」とつぶやきました。
長女はじっと眺めていました。

ここからはじまるんだよと
そしてくやしいけど、ここからしかはじまらないんだよ。
そんな気持ちで娘達と壊される本堂を眺めました。

いつの日かまた子ども達が元気に駆け回れる境内がよみがえればいいなと心から思っています。

そして私が大好きだった山寺をまた子ども達も愛してくれますように。

Pb210400

Pb210403

« | トップページ | 更地になりました »

復興関連」カテゴリの記事

コメント

【永代供養塔についてお尋ねします】

★現在、どんな状況ですか?

★供養塔内の遺骨は大丈夫ですか?

★供養塔にお参り出来る状況か、教え下さい。

Y様
永代供養塔についてのご報告が遅くなり申し訳ございません。
永代供養塔は非常に大きなダメージを受けていますが、外側のダメージだけで中は問題ありません。
遺骨も大丈夫です。
お参りも問題ございません。

ご心配おかけして申し訳ございません。
現在長楽寺境内下の大きな駐車場の土砂は撤去されていますので、ご利用下さい。
ただし参道(階段)は全て崩壊していますので、東側の坂道からか、西側の仮参道をご利用下さい。
よろしくおねがいいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223412/53306637

この記事へのトラックバック一覧です: お別れ:

« | トップページ | 更地になりました »

フォト

長楽寺関連リンク