2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018年11月26日 (月)

2018年お十夜法要

今年も無事にお十夜法要を終えることができました。
ご来山いただいた皆様、またお手伝いいただいた皆様、本当にありがとうございました。

小さな座敷なので、40名入ったら廊下まで椅子を出して満席です。
たくさんの方にお参りいただきありがたいことです。
午前中は各家の塔婆回向、御詠歌を行い、その後、昼食をいただきます。これは寺役員の奥様方が朝から皆で準備して下さったものです。毎年本当に美味しくて、おかわりする人続出なんですよ😊









午後からは法話です。
今年は京都恵光寺の岸野先生にお願いいたしました。




私たちのお寺のお十夜はお檀家さん以外の方がほとんどです。色々な宗派の方がお参りされているのが特徴でもあります。
そんな中でわかりやすい仏教のお話をお聞かせいただきました。
特に印象的だったのが仏教詩人、坂村真民の詩です。

喜べ喜べ
 
喜べ喜べ
喜んでいると
みんな寄ってきて
助けてくれる
それと反対に
悲しんでばかりいると
みんな離れていってしまう
だから喜べ喜べ
それが幸せの秘訣だ

幸せの秘訣は「喜ぶ」こと。
どうしたら自分自信が「喜ぶ」ことができるのか?楽しむことともまたちょっと違う。心から喜びに満ちた人は自然に人が寄ってくる。

私も「喜び」のものさしをつかわなくちゃダメだなと改めて自分を見つめる機会になりました。

お十夜は日頃会うことがない皆さまとの再会も楽しみのひとつです。
うちの2歳の子が帰り際に「また来てね〜」とご年配の方々に笑顔で挨拶していると、小さな子はエネルギーの塊だなと思います。たくさんの未来を私たちに繋いできてくれた親世代。そしてこの小さな子にキラキラの未来を伝えていけるのは私。そして私たち。
ショボくれてる場合じゃない!
未来を創るのは私たちだ。





そんなわけで、今年のお十夜もワイワイと楽しく終わりました。

南無阿弥陀仏

2018年11月23日 (金)

お寺で朝活2018!

11月23日は長楽寺で朝活でした!



紅葉の赤がひときわ美しい時期となりました。

8時からスタートして30分ほど落ち葉を掃き掃除し、
集めた枯葉でワイルドな焚き火をします。
その中にさつまいも投入!




焼き待ちの間に仮本堂へ移動し
住職のお話と勤行です。
今回は一人ずつミニ木魚をご用意しました。
なんとこの木魚にみんな大興奮😍
子どもたちは早速ポクポク叩きだしました。
皆さんかなりお上手なのに驚きました!!





そのあとはお楽しみの焼き芋🍠
ハムを焼いたり、椎茸を焼いたりしながら、
大人は、温かい飲みものとともに存分に焚き火を楽しみ、子どもたちは思い切り走り回り山寺を満喫しました。
落ち葉を掃除したすぐ後に
また落ち葉が落ちてきて
「あ〜あ、せっかく掃いたのに〜😭」ってみんなのセリフ、
これも、山寺では日常です😅ははは

この朝活、また開催を予定しています。
初めての方もお子様連れも大歓迎!
気軽にご参加下さい😊




気になった人は
最新情報をアップしてる
「谷長楽寺」フェイスブックをチェック👍


2018年11月20日 (火)

お十夜法要のお知らせ

長楽寺の桐山です。
境内の紅葉も色付き、今年もお十夜が近づいてまいりました。お十夜(おじゅうや)は浄土宗では非常に重要な法要です。ご先祖のご供養とともにお念仏の実践、そして阿弥陀様への感謝。みんなでおいしい昼食をいただくのも楽しみですね。(長楽寺では例年、炊き込みご飯に白和え、味噌汁などをご用意しています)
そしてお説教は仏教の教えに触れることのできるチャンスです。
当日受付の塔婆供養もございます。
ご希望の方は午前中にお参りください。

当日のスケジュール
**********************************

平成30年11月25日(日)
・10時半始め
・塔婆回向
・ご詠歌奉納
・12時 昼食接待
・読経法要
・1時30分 法話(京都 恵光寺 御住職 岸野 亮淳 師)
・2時30分 十夜飯供養 散会

**********************************
塔婆回向は午前中受付
一霊につき 五百円

〈お十夜とは・・・・〉お十夜は浄土宗では非常に重要な法要で、正しくは、「十日 十夜(じゅうにちじゅうや) 法要」といいます。もともとは陰暦の10月5日の夜から15日の朝まで、10日10夜にわたる 法会(ほうえ)でした。現在は十日十夜法要が行われるところは少ないようです。この法会は、浄土宗で最も大切な経典(きょうてん)の一つ『 無量寿経 (むりょうじゅきょう) 』の中に、 「この世において十日十夜の間善行を行うことは、仏の国で千年間善行をすることよりも尊い」と説かれていることによって、その教えを実践したもので、十日十夜にわたり 不断(ふだん) 念仏を称えて 別時(べつじ)の念仏を修し、阿弥陀さまのお慈悲に感謝する法要です。

2018年10月14日 (日)

BBQ婚活開催報告

今日は第4回長楽寺縁結び会でした。

今回は以前開催したBBQ婚活をバージョンアップ✨
BBQって肉を裏返したり、お世話が大変でしょ?と思ってる人はちょっと違いますよ!
本来のBBQはフルコース料理なんです😳
ちなみに今日のメニューは

野菜がたっぷりいただける「バーニャカウダー」
もはや定番の「アヒージョ」
志方牛をがーんと塊で串焼きにした「志方牛のシュラスコ」
ホルモンの味が染みた「かこがわパエリア」
かぼちゃをくり抜いてクラムチャウダーを掘り込むだけで絶品「カボチャウダー」
締めはデザートの「チョコフォンデュ」

これらを参加者でワイワイとクッキング!そしてBBQパーティ!

実は食材は毎回とてもこだわってます。志方で精肉された志方牛はもちろん、志方東地区のできたて新米にとれたてかぼちゃ✨
その他の食材も地元か神戸辺りの国産です。
アヒージョに使うバゲットはお隣加西のかわいいパン屋さん 「ちかちゃんぱん 」で前日に焼いてもらいました💕アヒージョにピッタリのバゲットです🥖

出来上がった料理を見てるだけの私は思わずお腹が鳴りました💦

皆様にご縁があったかはまだまだわかりませんが、
「良い出会いがありました!」って笑顔で帰られた方もいらしてうれしかったです。

また皆様のご縁を繋ぐために試行錯誤しながら頑張ります😊
引き続き長楽寺縁結びの会をよろしくお願いします!





2018年9月 1日 (土)

参加者募集!!おいしい!楽しい!「BBQ婚活」

第4回長楽寺縁結びの会「BBQ婚活」参加者募集のお知らせです!!

前回の「赤ちゃん婚活」から2ヶ月ほどですが、またまた次開催が決定しました。
今回は昨年に引き続き、大人気「BBQ婚活」です。メディア等で大活躍のBBQのスペシャリスト増田幸市さんこと「まっさん」にナビゲートしていただきます。今回も志方ならではのオリジナルBBQメニュー有り!楽しみです。

当日はグループに分かれてワイワイ楽しく調理し、その後はお楽しみBBQパーティー。もちろん1対1もありますよ。
楽しい!美味しい!BBQ婚活!ぜひご参加下さい。

【詳細】
日時:10月14日(日)午前10時30分~午後3時 雨天決行
場所:谷長楽寺境内
参加資格:概ね25歳~40歳の独身男女
定員:男女各15名(先着順)
参加費:4,000円

【お申込み方法】(はじめて参加の方)

・まずはお電話にてお申込み下さい

・初めての方は必ず長楽寺まで受付におこし下さい。

・ご来山時には身分証明書(運転免許書など)をごご持参下さい。

・お申込み用紙はこちら 「vol.4.pdf」をダウンロード

(プリントアウトしてご持参いただくとスムーズです)

TEL:079-452-2530
長楽寺縁結びの会(担当 桐山)

【お申込み方法】(以前参加したことのある方)

・まずはお電話にてお申込み下さい

・直接メールフォームでお申し込み頂いても問題ありませんが、タイミングによっては定員オーバーでお受けできない場合もありますのでご了承下さい。

メールフォーム
https://ws.formzu.net/fgen/S6242969/

締切は9月30日
(定員になり次第締め切ります。お申込みはお早めに!)

【タイムスケジュール(仮)】

・集合
・グループ分けゲーム
・BBQ調理
・BBQパーティー
・1対1
・フリータイム
・解散

雨天時は若干内容を変更して室内での開催となりますのでご了承ください。

お問合せ
TEL:079-452-2530
長楽寺縁結びの会(担当 桐山)

〒675-0347
兵庫県加古川市志方町永室853-1

Photo

写真は昨年の様子。スタッフから指導を受ける男性陣!
スタッフが付いてるから調理に不慣れな人も安心です。

2018年8月24日 (金)

2018年長楽寺お施餓鬼無事に終わりました。

2018年の夏の行事、無事に終了しました。
23日の水子供養献灯会。
台風が迫る中でしたが、多くの方にご参列いただきました。
結局雨は降らずでしたが、仮本堂で行いました。
法要後、特に案内はしておりませんでしたが、全員のご家族が水子地蔵尊へお参りされていました。印象的な光景でした。
改めて、それぞれに特別な想いのある法要なのだなと感じました。

24日、昨夜の台風で境内やら仮本堂をまずは清掃。朝からバタバタでしたが、なんとか無事にお施餓鬼スタート。
裏方は終始バタバタで、色々学ぶ事ばかり。

来年に向けて精進します。

何はともあれ、無事に今年の夏も終わりました。
感謝です。







2018年8月21日 (火)

長楽寺地蔵盆中止のお知らせ

本日長楽寺地蔵盆保存会より連絡がありまして、
2018年長楽寺地蔵盆は台風の影響で中止となりました。

私もそうですが、楽しみにしていた方も多いことでしょう。
とても残念です(T・T)

でもここはやはり安全第一!!
来年の開催を楽しみに待ちましょう!

尚、水子供養献灯会は開催いたします。
ただ雨天時は仮本堂での開催となりますのでご了承ください。

アラレちゃん音頭、娘たちと練習したんだけどな、、、。

2018年8月19日 (日)

水子供養献灯会、地蔵盆のお知らせ

今年もあっという間にこの季節。
そう、地蔵盆です。


8月23日(水)17時より
水子地蔵尊前にて


「水子供養献灯会」
厳修いたします。

Img_8047





例年通り蚊は多いです。
虫除けスプレー必須。
永代供養者だけでなくどなたでもご参加いただけます。
一人づつご焼香後、水ろうそくを水子地蔵尊にお供えします。

その後7時過ぎより「長楽寺地蔵盆」

昨年は地元ケーブルTVBANBANさんに密着取材を受けた「長楽寺地蔵盆」。
その撮影された4Kの美しい映像を見て、こういう村の小さな祭りこそ大切にすべきものなのではないかなとしみじみ思いました。

Img_8072

【長楽寺地蔵盆】

8月23日(水)7時ごろより9時まで

●地蔵盆法要
  午後7時より仮本堂にて

●盆踊り
 午後7時15分ごろより開始

●太鼓到着
 午後8時ごろ


【お施餓鬼会】

8月24日(木)9時~11時

初盆の方のお施餓鬼は最初にお勤めします。

2018年7月22日 (日)

子ども服を届けに行ってきました

【西日本豪雨災害で被災した子どもたちに夏服を送ろう!】
7/20締切ました!7/21協力寺院へお届け済み

フェイブックにて呼びかけたところ、本当にたくさんの方にご協力いただきました。ありがとうございました!

いやもう暑い中、山寺まで届けに来て下さるだけでありがたい。。。

結果、100サイズのダンボールが20箱になりました💦




あまりにもたくさんの子ども服!
逆にお願いしているお寺さんにご迷惑かしらと思い、被災地で様々な支援をされている団体などに問い合わせもしました。が、どこも現在は子ども服は足りているとのお返事でした😱

でもご安心ください!
まだまだ物資の行き渡りにはムラがあるからとおっしゃて、矢掛町の瑞雲寺さんが私たちの子ども服は全て引き取って下さいました。


瑞雲寺の住職、副住職と。

引き続き必要な方へ届くようにと色々な方にお声かけして下さいます。
境内にあるお堂に今回の子ども服を置いて下さっています。

・子ども服(中古) 新生児から160cmまで
・子ども用下着、靴下など(新品)
・スタイ、帽子(新品か比較的きれいなもの)
・靴(中古)13cm〜26cmくらいまで
・サンダル(新品)低学年くらいのサイズ、いくつかありました

本当に必要な方に届いて欲しいですね。

また送料代としてカンパをして下さった方々。本当にありがとうございました!
カンパのお金はレンタカー代、ガソリン代、高速代として使わせていただきました。余ったお金は少しの間様子を見て運送費用、送料代がこれ以上必要ないと判断した場合は被災地への支援金として役立てたいと思います。

そして、仕分け作業を手伝って下さった皆さま、暑い中 ありがとうございました!助かりました♡



仕分け作業中の風景


子どもたちもお手伝いをしてくれました!ご褒美のお菓子タイム♡


7/21ハイエースにて出発


矢掛町到着


瑞雲寺さんの山門

曹洞宗龍王山瑞雲寺
http://www.sotozen-navi.com/spn/detail/index.cfm?cl_id=330031

FBはこちらhttp://https://www.facebook.com/%E6%9B%B9%E6%B4%9E%E5%AE%97-%E9%BE%8D%E7%8E%8B%E5%B1%B1-%E7%91%9E%E9%9B%B2%E5%AF%BA-2063506690545857/

2018年7月18日 (水)

西日本豪雨災害の被災地へ①


こんちには、長楽寺の桐山です。
この度の西日本豪雨災害で被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

7月16日、副住職と2人で支援物資を持って岡山へ行ってきました。午前中は矢掛町の金龍寺さんへ。
山の急斜面に建つ墓地に土砂が流れ込んでしまい、その土砂の撤去作業を手伝いました。



手作業で土砂を土嚢袋に入れ、その土嚢袋を担いで急斜面が続く更に上の山道へ持って上がり並べる作業です。次の雨天時の二時災害防止のため。
とにかく暑くて、私はもう実質30分ほどで熱中症の症状が出てきてギブアップ(情けないです)
私達以外にもお寺関係の方(70代の方がほとんど)とボランティアさんが15名ほどこられていました。さほど広いスペースでもないのですが、とにかくどっさり土砂が流れこんでいるので、なかなか大変!皆様汗だくで作業されていました。とにかくね、暑いんです!かなり小まめに休憩しなくちゃ必ず熱中症になる人が出ますね。もうこれは自殺行為の気がしました。そのくらい暑い。私は何度か熱中症になったことがありますが、もう頭が割れるように痛くて吐き気もしてきて立っていられない状態になります。極度の脱水症状でこのようなことになるとか。本当に気をつけないと、この夏場の復興作業は危険だなと思いました。
こんな記事もありました。
https://www.cnn.co.jp/world/35122552.html


金龍寺さんの墓地から町を見下ろした風景。
穏やかな小田川が見えますが、この付近も相当被害を受けたようです。



«人は死んだらどこへ行くのか